スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Each and All

『雪納、覚醒する』
バトルモードを展開し、副腕で殴りかかるものの、アクスさんはびくりとも…してますね。

戦闘バランスはとても高いのに対して、直立バランスが悪いのは改善されていないようです。
と、油断をすると真鬼王の腕に付けられたバスタークローが、抜き手を放ってくるのを
アサルトカービンのマガジンを投げつけて、小爆発により強引ですが、回避。
そのアサルトカービンを、アクスさんに掃射しますが、もう片方の副腕で射線をふさぎ、受け止めてきます。

「流石、つよいですわね」

その間も、リリシアが足元に向けて攻撃を行おうとするものの
インフェルノキャノンとハンドガンによって、近づくことが出来ていません。

私の武装一式は、大幅な改修により、副腕が独立して稼動するようになっています。
マスターと見た"エトランゼ"と呼ばれる同じイーダ型が使っていた機構を私達なりに再現したものです。
これによって、トライクレースでも地面と壁を同時に走る。といった無茶に見える軌道を取ることができます。

ですが、これは同時に強度不足を招くものであり…戦闘の長期化は武装全損の危険性をももたらします。

「強くなければ、覚悟がなければ、ここのチャンプなんてやってられないのさ!」

バスタークローを展開…咄嗟に副腕を地面に押し付けて、そのタイヤの回転だけで強引に後退。
直後、私の立っていた場所を、ビームキャノンが焼き払っていきました。

「リリシアさん、2分でいいので生き残りましょう。そうすればきっと…」
「何をする気か分からぬが…貴殿が言うのであれば、やれるだけやってみようではないか」

アサルトカービンを副腕に持たせて後ろ手に。
それから右手で構えていたエアロチャクラムを両手に。

副腕にあるタイヤを回転させ、そのままジグザグに動きながら、アクスへと斬りかかるもののバスタークローに受け止められてしまいます。
ですが、私の、私達の考えはその上。
私の影から飛び出たリリシアが、バスタークローとアーマーの接続基部へとアサルトライフル・エクステンドを撃ち込みます。

「この威力ならばっ」
「……いいよ。ひとつぐらいなら、譲ってあげるのさ!」

エアロチャクラムを受け止めていたバスタークローは破壊したものの、アサルトライフルもまた
もう1つのバスタークローに貫かれて小爆発。
リリシアさんがダメージを受けていきます。

「二人がかりでコレだけなんて事は、ないんだろ?覚悟しているんだろうからさ」

動きの止まった私達にゆっくりと、アクスが近づいてきたそのときでした。
背中への衝撃。

「予測射撃、ピンポイントに当たってくれるとは驚きさ」

アクスさんが事前にはなっていたミサイルだったようですが…
背中が以上に軽いのが気がかりです。
破壊されたというよりも、これは…

『雪納、待たせたな』
『おねえちゃん、がんばって』

マスターと、真那が通信を送ってきました。
「マスター、早速ですがアレの許可を」
『…アクス相手には仕方ない、か。転送するぞ。回収してたトライクユニットもな』

被弾の直前にマスターが転送回収してくれていたようですが、
その分、装甲がなくなり私に直接ダメージが入る事を分かっているのでしょうか?

アサルトカービンがサイドボードに回収され、変わりにヂェリカンが転送されてきます。
これが、私の切り札。
その名も、H・B・S。
正式名称を、バナナ・ハバネロ・スパークリングヂェリー。
イーダ型を文字通り、暴走させる最後の切り札。

「主、我らも覚悟を決める必要があるようだ」
『…しかたあるまい。転送するぞ』

リリシアさんの手に転送されてきたものも、やはり、ヂェリカン。


「「プロージット!」」

手にしたヂェリカンを、乾杯してから二人で飲み干す。
ここから先は、覚悟がなければ生き残れません…よ?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水瀬海人

Author:水瀬海人
局地戦における
一撃離脱戦術を好む
ポケモントレーナー

ゲームからカードからバトリオまで
果てはパッチンも対応

「自分も相手も楽しむ事」を信条に
その他のカードゲームも繰り広げる

カテゴリー
最近のコメント
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。