スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでだろう

ポケカSSの設定考えているのは石島さんなんだけどなぁ…

誤字脱字は例のごとく 気がついたら修正



せー、Reiさん、姉さんから名前等使用許可が出たら設定だけ
とちっこに追記しておきますかね

本人達が直接書き込むのも有効

ただし この話が続くかどうか一切不明です
ポケモンビレッジ。

それは、世界に点在するポケモンアトラクションパークの一つである。

Virtual Reality System

通称VRシステムによって、ポケモンと触れ合うことが出来る島。

ただし、そのシステムは現在、開発されたばかりでありまだ実働テストの段階であった。

そして今、その島を舞台に新たな物語が、始まろうとしていた。


【実働テスト1日目】
リオ「このカードとこのカードが揃うと、うーん、いい感じかも?」

???「それなら、これを合わせた方がいいんじゃないかな?」

リオ「…あなた、誰?」

???「あぁ、悪い。…蒼い人と呼ばれる謎の水使いだよ。そうだな、出会った記念だ。」

リオ「拡張パック“ローラレイの海”?こんなパックあったっけ…?」

蒼い謎の水使い「ポケモンビレッジ専用拡張パックだ。もうすぐ、島に着くぞ。」

言いたいことだけ言い残し、彼は去っていった。

リオ「(結局、変な謎の人だったなぁ…)」

アナウンス「まもなく、ポケモンビレッジへ接岸いたします。お忘れ物御座いませんよう、ご注意ください。」

リオ「あ!いけないっ早く片付けなきゃ。」

目の前には、新しいコンボを考えるために、カードが一面に広がっていた。





リオ「やっと降りれた~。」

なんとかカードを片付けて、船を下りるとそこでは先ほどの変な人が船員と話をしていた。

蒼い謎の水使い「ユキは?」

船員「諸事情で最終便に乗られる、と。」

蒼い謎の水使い「そうか。…あの件か、それとも…。ひとまず、分かった。ありがとう。」

話が終わったようで、様子を見ていた私とつい、目が合ってしまう。

蒼い謎の水使い「どうした?」

リオ「な、なんでもない。」

蒼い謎の水使い「そうか。…そうだな、登録を早く済ませたら一戦やってみるか?」

リオ「えっと、登録?」

蒼い謎の水使い「そこのファーストクラブで、島内のパスポートを発行してもらう。
 それが無いと利用できない施設もあるからな。しておいたほうがいい。」

???「ユキさん同様、貴方はナンパしない人だと、思っていたのですけど…。」

蒼い謎の水使い「レンナか…。ナンパに見えるのか?」

レンナ「ふふっ、見えませんよ。KAIさん。」

謎の水使いはKAIという名前らしい。

彼が、ショックを受けているのを、華麗に無視して私に、話しかけてくる。

レンナ「ようこそ、ポケモンビレッジへ。あなたを、歓迎します。」

私の戦いが、始まろうとしている。





**************************************************
リオ ♀ 年齢未設定 ウィズダム:草
外伝主人公。実力はそれなり。
トリッキーコンボを好む草デッキ使い。
パートナーカードは“ラフレシアex”

「開いて驚け、玉手箱っ」
(元のトレーナー:オリジナル)

コメント

非公開コメント

面白い設定ですね.
私なんかで良ければどうぞお好きにいじってください.
小説楽しみにしてます~
プロフィール

水瀬海人

Author:水瀬海人
局地戦における
一撃離脱戦術を好む
ポケモントレーナー

ゲームからカードからバトリオまで
果てはパッチンも対応

「自分も相手も楽しむ事」を信条に
その他のカードゲームも繰り広げる

カテゴリー
最近のコメント
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。