スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾイドー蒼月の羽根

7話到達

8話への布石の話でしかないのが微妙


そんなわけでクロノス砦にある(と思われる)バスターイーグルSの
輸送をお願いします←
K「流石にゼロアーマーしかないか?」
整備員「各地で開発してるからな。ここは、封印されてたせいでゼロアーマーだけさ。」
二人の前には、コアの移植が完了した蒼い装甲に身を包んだライガーゼロBD―レオが、たたずんでいた。



ゾイド―蒼月の羽根―Stage.07



移植を見守った後、カイは食堂へと来ていた。
昔の同期、ライトラーと、出会い話すことが多かった。
L「軍をやめたと聞いた時には、驚いたよ。」
K「あぁ、だが戦うことを止めたわけじゃない。」
L「0号機を持ち出すそうだね。」
K「…シールドライガーBDが再起不能じゃな。どうせ、あの機体も俺以外には乗れないさ。」
ライガーゼロの開発に、ライトラーとカイの二人は、関与していた。
カイはテストパイロットとして、ライトラーは火器管制ROM開発担当として。

L「そうだな、君以外に乗ることはできなかった。」
ライガーゼロの開発において、多くの犠牲が払われた。
ゼロに乗るとは、彼らの想いを受け止める義務がある。

K「守るべきモノ。それを見失うつもりはない。」
L「その為に、力を持たなくてどうするのか。…まぁ、俺はクロノス砦に戻らせてもらうよ。」
もう話すことはないと、席を立つライトラーは含みある笑顔を見せ、食堂から出て行った。

K「力、か。…これも“蒼き運命”なのかね。」

格納庫のライガーゼロBD―レオのコクピットに乗り込み、今後を考えていた。

次の戦いは、既に始まっているのだ。
だからこそ、ライトラーは自身の所属する砦へと帰還する。

動ける者に休む暇はない。
それが、今の戦争という狂気なのだから。

だからこそ、自分たちは二度と、負けるわけにはいかないのだ。
守るべきモノ達のために。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水瀬海人

Author:水瀬海人
局地戦における
一撃離脱戦術を好む
ポケモントレーナー

ゲームからカードからバトリオまで
果てはパッチンも対応

「自分も相手も楽しむ事」を信条に
その他のカードゲームも繰り広げる

カテゴリー
最近のコメント
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。