スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼月の羽根

3視点から書くのは楽しいことになるかな

そんな11話
これで こちらのネームレベルはほぼ全部出せてるはず。
今度キャラ設定あげ直さないとかな

J「凱龍輝の強奪…このままじゃ、パワーバランスが崩れるな」
C「次の狙いは、恐らくクロノス砦だろう」
K「ケーニッヒか」
J「よし、これ以上のパワーバランス崩壊阻止の為、クロノス砦防衛に出る。各機出撃準備だ」



ゾイド―蒼月の羽根―Stage.11



N「ノールリッヒ・レールバー曹長だ。お前さん達の相棒の整備をさせてもらう」
S「セイリュウです、よろしくお願います」
格納庫では、それぞれのゾイドと、彼らを収容していくホバーカーゴ。
そして、二人の整備員が待っていた。
K「久しぶり、おやっさん。元気そうで何よりだ」
N「レオの体は変わっちまったようだが、市民を守りたい気持ちは変わらん。そうだろう?」

ホバーカーゴに、ゆっくりとゾイドたちを搭載してゆく。
応急処置とはいえ、整備の終わったシャドーフォックスJも同様に。
K「って、シャドーフォックスJを連れて行くのか?」
J「向こうならパーツがあるそうだからな。それに、片腕を置いていくわけには、いかん」

R「WhiteWingsの搭載は、終わりましたよ」
ブロックスと呼ばれる機体郡、WhiteWings。

A「WhiteTalisの搭載もあと15分だな」
WhiteTalisと呼ばれる砲撃戦部隊の搭載が、最後に行われている。

4人のパイロットに2人の整備兵。
そして、総勢17機のゾイドを乗せホバーカーゴは、クロノス砦へと向かってゆく。


K「レオ、今回は恐らくアイツが来るだろう。お前の体を奪ったアイツが…」
J「Jaeger、お前の腕を治す時が、もうすぐ来る。だから、あと少し耐えてくれ」


クロノス砦の地下で、彼らが来るのを待つゾイド達が、飛翔の時を待ち望んでいた。

テーマ : 二次創作
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

水瀬が設定するの

水瀬が設定するの?

さぁ大波乱のよかん
プロフィール

水瀬海人

Author:水瀬海人
局地戦における
一撃離脱戦術を好む
ポケモントレーナー

ゲームからカードからバトリオまで
果てはパッチンも対応

「自分も相手も楽しむ事」を信条に
その他のカードゲームも繰り広げる

カテゴリー
最近のコメント
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。